ドラレコについて

カテゴリ: 交通事故

1 はじめに
 昨今、事故のご相談をさせていただく際、ドライブレコーダー(以下「ドラレコ」といいます。)の画像を確認する機会が増えてきました。
 ドラレコの購入・設置のための費用がかかりますが、事故に備える方法として、ドラレコは、任意保険と同じ様に、必需品であると言っても過言ではないと思います。
  
2 ドラレコの利点
 ドラレコの利点は、なんといっても事故時の状況(画像)がそのまま記録として残ることです。
 これにより、例えば「事故当時の信号機が青だったか、赤だったか」といった、記憶だけでははっきりしない事実による争いがなくなり、結論を出しやすくなります。
 また、事故が起こるのは一瞬ですが、録画をくり返し検討することで、最初は気付かなかった事実が、後で明らかになることもあります。

 

3 ドラレコの失敗例
 しかし、依頼者・相談者の中には、ドラレコの操作に不慣れなため、次のような失敗をされる方がいらっしゃいます。
 ドラレコの捜査方法は、きちんと確認してください。
 また、自動車保険の種類によっては、保険会社がドラレコを貸与し、事故時の画像転送や保険会社の連絡までできるものがあります。
 ドラレコの操作に不安がある方は、ドラレコ付きの保険を検討する方法もあるかもしれません。

 

⑴ 録画された後、画像データを取り出さずそのまま放  置してしまった
 画像が上書きされ、消えてしまいます。
 事故があったとき、データをどのように取り出して保管するべきか、予め確認しておくことが大事です。

 

⑵ 録音できない状態になっている
 ドラレコの機種によっては、録音のオン・オフを選ぶようになっているもの、あるいは録音ができず録画のみとなっているものがありますが、必ず、録音ができる状態にする。録音できる機種を選ぶようにしてください。
 事故の状況で争いとなるものの一つに、合図をしたかどうか(ウインカーを点滅させたかどうか)があるのですが、これは、ウインカーの点滅音が聞こえるかどうかで判断されます。
 録音できない状態ですと、ウインカー点滅の有無が確認できません。
  
4 弁護士への相談
 ドラレコの画像があれば、弁護士としても、確実な事実を前提にアドバイスすることができます。
 ドラレコの画像がある場合は、弁護士に相談する際、その旨をお伝えください。
 

PageTop